ナンドモナガノ セカンドシーズン 準備中!

 ご存知の人も多いかと思うが、旅館業法上に「ゲストハウス」というカテゴリーはありません。つまり、ゲストハウスと謳いながら個室メインの旅館をやっても、ラグジュアリーなホテルをやっても法令上は何の問題もなーい。今でこそ、ゲストハウスというと宿泊施設をさすことが多いが、ゲストハウスウエディングというのもありますもんね。

 じゃぁ、1166バックパッカーズはどんな許可のもとに営業をしているか、というと、旅館業法のなかでも簡易宿泊所に属しております(相部屋や共有ラウンジのあるいわゆるゲストハウスでも、簡易宿泊所でない宿もあるよ)。

 で、その簡易宿所ですが、都道府県別で見ると沖縄県が最も多く3859軒。次に多いのが長野県の3725軒。以下、京都府の3498軒、北海道の2178軒と続く(2018年度末のデータ / 2019年11月11日の観光経済新聞より)。つまり、長野県にはめっちゃ簡易宿泊所多いんやーん!ということ。

 前置きが長くなりましたが今日はそんな長野県内の6つのゲストハウスの共同企画している ナンドモナガノ がセカンドシーズン計画中!という嬉しいネタをご紹介させてください。

『ナンドモナガノって?』

すでに、約1年に渡りファーストシーズンを開催したので、ご存知の方もいると思うが、詳細はこんな感じ。

<対象宿>

LAMP(野尻湖)

ゲストハウス蔵(須坂市)

1166バックパッカーズ(長野市)

松本ゲストハウス tabi-shiro(松本市)

マスヤゲストハウス(下諏訪町)

Yamairo guesthouse(飯田市)

<参加方法>

1) 参加宿のいずれかでステッカーを100円で購入し、スタンプ台紙を入手

2) 参加宿に宿泊時、スタンプを押してもらう

<賞品>

3宿達成)3宿目の宿主が選んだ特産お土産プレゼント

6宿達成)本染めオリジナル手ぬぐいプレゼント

引用元:ナンドモナガノ 公式サイト

① 1宿目で100円払って参加。まずカードとステッカーを受け取ろう。

② 泊まる度にカードを見せてハンコを押してもらうよ!

③ 3宿泊まるとお土産がもらえる。何がもらえるかは、3宿目によって変わるのだ〜

④ ついに6宿制覇〜!長野市の老舗染物屋・小玉屋さんが染めた、オリジナルの手ぬぐいを受け取ってね!

セカンドシーズンは11月から始められそうな予感(ただし、感染症拡大防止の観点からスタート時期を延期することもあり得ますので、SNSでご案内を続けます)。6宿制覇の手ぬぐいも色が変わるらしいよ。2周目の挑戦もおまちしています!

ちなみに、この公式キャラクターのナンドモナガノちゃん。6宿のいづれかのオーナーが落書きのようにサラサラと描いたものが、デザイナーさんによって整えられて、正式採用となりました。どの宿のオーナーかわかります? その答えはいつかお泊りに来てくださった際にでも。

https://5e80a0197f796.site123.me/

]]>