夏のヘルパー・秋からのアルバイト募集

2022年秋から働けるアルバイトスタッフの募集を開始します
*アルバイトの募集を再開します
*8月中旬以降のヘルパーも募集しています( 7/26 終了しました)

ラウンジ

始まりは2010年10月。

 1166バックパッカーズは築90余年の元クリーニング屋さんだった空き家をリノベーションし、2010年10月に長野市善光寺門前にて誕生しました。
 開業した当時は国内では今ほどゲストハウスというものが一般的ではなく、ゲストの多くが欧米からの旅慣れた旅行者でした。その後、2011年に東日本大震災を経験し、日本人のなかでも「シェア」「コミュニティ」「地方」に改めて焦点が当たり、そして「空き家」「リノベーション」という言葉もよく耳にするようになりました。このキーワードは全て、ゲストハウスやホステルの開業ブームに繋がるもので、気づけばデザイン性が高くリーズナブルに宿泊できる快適なゲストハウス、ホステルが地方にも多く建ちました。

1166バックパッカーズのできること

 ハイスペックで快適、かつオシャレで安価。そういった、考えただけで羨ましくなるゲストハウス、ホステルが地方に建つようになりました。一方で、1166バックパッカーズは歩けばギシギシと床がなるような古い空き家を低予算で改修した小さな宿。水回りの数も空調も充分とは言えません。
 しかしながらこのコロナ禍中でさえ、ありがたいことにここを目指して泊まりに来てくださるゲストがいる。まだまだ宿として足りていないことだらけではありますが、求人をするにあたり以下に1166バックパッカーズが大切にしていることを記します。

ラウンジ
国内の旅人と海外の旅人、近所のひと、こどもも当たり前に混在するラウンジ

①おしゃれすぎず、でも心地よく

 以前、リピータの男性がほろ酔いで「1166バックパッカーズはオシャレじゃないところがいいんだよ」とおっしゃいました。隙のない、まるで雑誌の表紙になるようなかっこいい宿に憧れる一方で、実際に泊まるにはオシャレすぎて躊躇してしまう、私もそっちの人間です。誰もが気兼ねなくガラガラと扉を開けられ、緊張を溶きほぐすような温かい麦茶と柔らかいスタッフがお迎えするような、そういう宿でありたいと思っています。

小さな旅人と一緒に遊ぶことも多々。親子旅にゲストハウスはぴったり(だと思う

断れる余白を残した声かけをする

 ”初めてのゲストハウス” というかたの多い宿です。すでに出来上がった輪のなかに飛び込むのは勇気のいるもの。入りやすい雰囲気を作りお声かけするよう心がけています。またその際に、「気持ちよく断れる余白」を残したいとも思っています。気の合う旅人同士でおしゃべりするもよし、一人でゆっくり本を読んでいてもよし。どちらのゲストも気兼ねなく共存できる空気を作りたい。

働き方、移住、旅、暮らしなどをテーマにしたラウンジの本棚も滞在中のおすすめ

③ 個々のゲストに向けた案内をする

 観察力と想像力を大切に営業しています。盲目的にチェックイン業務を行うのではなく、この人は何に興味があるだろう、どんなものが好きだろうと毎度想像しながら、自分の持っているカードをきってゆく。近くに新しいお店がオープンすれば、「リピータのあのかたは好きそうだな」と次回のために情報をストックすることもしばしば。そういった人と人とのコミュニケーションが宿を運営している楽しさのひとつ。

ゲストとと一緒に町に出る。我々の「好き」を紹介するこれは鯉焼き屋さん。

コロナ禍の観光業、宿泊業はどうなるのか

 コロナ前、オリンピックのデフレスパイラルで周辺地域のゲストハウス、ホステルが値崩れし、オシャレなホステルが1000円切るようなことも。我々のような後ろ盾のない小規模宿が真似をすればたちまち倒れてしまうような宿泊代です。ゆえに、我々の苦悩はコロナ以前に始まっていたわけです。
 コロナ禍に入り、ある意味、宿泊業全体がみな同じラインに立ったような気がしました。価格云々というよりも、まずどこも稼働していない。だからこそ、焦らずに、原点回帰を考えられたように思います。
 コロナ禍中での意識の変化としては、1166バックパッカーズを目指してきてくれるお客さんを増やす。来てくれたお客さんに満足してもらい、また来てもらえるよう努める。
 具体的にはオンライン予約サイトの利用をギリギリまで減らしました。楽天、じゃらん、ホステルワールドの利用をやめました。次にメールマガジンやLINEの配信などを用いすでに泊まったことのあるゲストに向け発信するようにしています。旅と移住は同じ線の上にあると考えているので、移住相談の窓口も作りました。朝ごはん会など食にまつわる催しは中止していますが、町歩きなど来てくださった旅人が目一杯充実した時間が送れるように意識しています。
 オンライン授業やオンラインミーティング、オンライン飲み会などオンラインの可能性が広がったからこそ、リアルな時間に求めるものは多岐にわたってゆくと想像します。我々の好きな町を、我々が大切に育てている宿を拠点に周遊してほしい。そんな気持ちでこれからも営業してゆきます。

ギター好き元スタッフの個人活動・ほや弦 は宿を一層魅力溢れる場所にしてくれた

雇用形態

以下の形態で募集します。

A) アルバイト
B) ヘルパー

 アルバイトスタッフ、超短期の住み込みのヘルパースタッフを募集します。良い出会いがあるまでゆっくりと募集を続けたいと思っていますが、枠が埋まり次第 募集を終えます。ご検討の上、ご応募お待ちしております。

アルバイトとして働く

 1年滞在することでようやくすべての季節を通じて業務を体験できます。そして個人差はありますが、2年目にして少し心にゆとりができ、ようやく自分にしかできない接客や企画を経験できるようになるものです。受け身の働き方ではなく、1166バックパッカーズのために何ができるのか、そして1166バックパッカーズを跳躍台にしてあなたは何をしたいのか、想像してみてください。

業務内容
ゲストハウス運営の全般(フロント業務、清掃、買出、町歩き、観光案内、電話・SNS応対、オンラインストア対応、スタッフ管理、その他事務作業、宿外のプロジェクトへの参加など)

勤務開始時期
2022年9月〜10月の間に勤務をスタートできるかた

契約期間・勤務期間
アルバイト:最低でも1年働けるかた

採用の流れ
1. 履歴書の送付(メールでお送りください。手書きでなくて結構です)
 ↓
2. 一次面談(オンライン)
 ↓
3. 二次面談(現地にて。お仕事体験として1〜2泊程度でお越しいただきます。宿泊料は無料。*お泊まりくださったことのある方は、省略することもあります。)
 ↓
4. 採否の決定

採用後の流れ
1. お試し期間(1〜2週間)
ここで仕事ができそうか、長野市で暮らして行けそうか、判断する期間にしてください。(宿泊料無料、ヘルパー扱い)
 ↓
2. 面談
 ↓
3. 本採用

住居に関して
 当面1ヶ月くらいはスタッフルーム(またはドミトリー)に無料で住み込んでいただけますが、その後は近隣のアパートやシェアハウスも視野に入れてください。シェアハウス・ワンルームアパート共に3万円くらいからあります。シェアハウスによりけりですが、家財なしで入れるところも。住居探しのサポートもします。

給与について
 アルバイト:時給 880円〜
*勤務に支障がなければダブルワーク可能ですが、できるだけ土日に出勤できるように調整してください。

待遇
雇用保険
労災保険
社員旅行(年1回〜。宿泊費・交通費補助)
その他

勤務時間例
 ① 13:00~22:00(うち1時間休憩)
 ② 7:30〜12:00
①と②の組み合わせ。
アルバイト:月80〜160時間程度

応募条件
接客業の経験、または積極的に興味のある方

必須スキル
Excel/Word/Googleドキュメントなどの基本PC操作
観察力、想像力
掃除が好き

その他歓迎するスキル
写真・動画の撮影や編集
SNS運用
事務処理
料理(まかないとして)
英語
国内の観光地や交通に詳しい
宿泊業全般に興味がある

求める人柄
相手の気持ちを想像できるかた
自己管理ができるかた
感謝の心を持って業務に取り組めるかた
親しき中でも礼儀を重んじることができるかた

向いているかた
いつか小さな宿を開業したいかた
門前で暮らしたいかた

向いていないかた
お金を稼ぐこと、住み込める場所を探すのが第一目的の方
知らない世界に消極的な方
他人に関心のない方
出不精の方
早起きが苦手な方

応募方法
履歴書をメール添付または郵送でお送りください
・送付先メール: orie1166@1166bp.com (担当 飯室)
・郵送先住所:380-0842 長野県長野市西町1048
 1166バックパッカーズ 採用担当 飯室当て

ヘルパーとして働く

(7/26付で 募集は一時終了しています)
ヘルパーは給与はでませんが、その代わりに経験値を得ることができます。この夏の募集理由は、

・ゲストの多くなる夏に、ちょこっとお手伝いをして欲しい

 期間限定のヘルパースタッフはゲストとアルバイトスタッフの間くらいに位置する存在。ゲストにとっても「話しかけやすい」「一緒に出かけられる」なんて言葉もいただきます。お給料はでませんが、宿泊代はかかりません。過ごし方によっては最低限の出費で地域に片足を突っ込んだ、暮らすような旅が楽しめます。

 ヘルパースタッフの仕事としては、アルバイトスタッフのサポート。夜の消灯、翌朝はカーテンを開けてゴミ出し。珈琲を淹れての開店業務。そして午前中のお掃除を手伝っていただくのが主になります(ひとりで掃除をするということは基本的にはありません)。

 その他の時間は宿で過ごしていただいたり、アルバイトしてもらってもいいですし、オンライン授業や観光というのも◉。将来ゲストハウスを〜という方もいらっしゃるかもしれませんが、夏季はなかなかつきっきりでお話しする時間がとれません。それでもゲストハウスの運営に触れてみたいという方はぜひご連絡ください。

勤務開始日
随時 

採用の流れ
1. メールで応募
2. 面談(オンライン)
3. 採否の連絡

住居に関して
 ドミトリー

勤務期間
 2週間

給与について
 なし

待遇
 宿泊無料
 一部食材無料
 宿泊者と同等のものの利用無料(wifi利用、施設内の備品など)
 研修旅行(年1回〜。宿泊費、交通費補助)
 *勤務期間に重なっている場合のみ
 概ね週休2日(シフト制)

勤務時間
 7:30~12:00
 23:00の消灯
*日中は自由に

求める人物像
丁寧に対応できるかた(ゲストハウスのなかでは比較的、落ち着いた層も多い宿です。馴れ馴れしすぎず、きちんと敬語でやりとりができる必要があります)
体力があるかた
掃除など地味な作業も厭わないかた
早寝早起きなど自己管理ができるかた
旅、ゲストハウスが好きなかた

● 1166バックパッカーズのヘルパーには不向きの方
早起きが苦手なかた
掃除に手を抜いてしまうかた
ホウレンソウが苦手なかた
お金を稼ぎたいかた

応募方法
メールにてお名前、連絡先、年齢、性別、居住の市町村名、勤務開始希望日時、興味を持った理由をお書きの上、下記アドレスにお送りください。

宛先:orie1166@1166bp.com (担当:飯室)
——
これまでのヘルパーの業務についてはブログを参照ください。


長野市善光寺門前のゲストハウス「1166バックパッカーズ」の求人